右中間太陽光発電
ホーム > 葉酸サプリ > 妊婦の葉酸摂取における有効性とは?

妊婦の葉酸摂取における有効性とは?

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が認められています。このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が勧告しています。

 

実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

 

また、こうした食品の中には特定保健用食品として、妊婦に特に利用されているといったことも多いです。

 

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

 

でも実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。

 

それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

 

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母親側だけの問題かというとそうではなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。

 

これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

 

質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。

 

近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。

 

葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。

 

ですが、体調が悪い時には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しい、なんてこともあると思います。そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足した葉酸を確実に摂取できますし、栄養的にも問題ありません。

 

ベビ待ち夫婦に葉酸サプリはおすすめなの?