右中間太陽光発電
ホーム > 健康 > ビタミンDは骨を固くするビタミン

ビタミンDは骨を固くするビタミン

コーヒーやお茶などにある独特の苦みや渋みは、ポリフェノールによるものです。

 

緑茶はカテキンを多く含み、癌を抑制したり、抗アレルギー効果が期待されます。

 

 

 

苦み成分でコーヒーに含まれるクロロゲン酸は胃の粘膜を刺激し胃酸の分泌を促したり、肝硬変にも効果があるとされています。

ポリフェノールはココアにも多く含まれて、ストレス解消や虫歯の予防などピロリ菌抑制の効果もあるようです。

 

人間の体に存在するたんぱく質で最も多いのはコラーゲンで、皮膚のすみずみに酸素や栄養を供給する働きがあります。コラーゲンには弾力があり、ハリのある肌を保ちます。

 

 

体内で合成されるものなので、コラーゲン豊富な食品を積極的に食べたとしても効果が得れらるわけではありません。

 

良質なたんぱく質と合成に必要なビタミンCを充分摂るように心がけましょう。

 

ビタミンDは骨を固くするビタミンで、食べ物からカルシウムが吸収されやすくなるようにサポートしたり、骨や歯に運ぶ効果があります。血液中のカルシウムが足りない場合は、ビタミンDが骨からカルシウムを抽出して血液に送ります。

ビタミンDは食品から摂取できますが、日光を浴びることでも合成されます。注意を払わなければならないのが知らないうちに同じ成分の過剰摂取になる場合です。中でもコラーゲンなどの美容成分は色々な健康食品に含まれていて、一緒に複数のサプリを使用していると、成分がかぶることがあります。

 

プエラリアという抽出部のように強い悪影響を起こす可能性のある成分もあり得るので注意しましょう。

とうがらしに含まれるカプサイシンは辛みとなる成分です。

全身の血流の改善とともに発汗を促して、肩こりや冷え性の改善、疲労回復やダイエットなどにも効果的です。交感神経を刺激するカプサイシンはアドレナリンの分泌を促す効果があります。

そのため、代謝があがって体に蓄積された脂肪を分解し燃焼させる働きを促すので、ダイエット効果に期待が持てます。カルテノイドは天然の色素成分であり、水に溶けずらく、油には溶けやすいという特性があります。

自然界には700とも750とも言われる種類のカルテノイドが存在していると言われますが、それらの生理作用が人の体に対して良い働きをしてくれます。

しかし人間自らが生成することができないので、色とりどりの野菜や果物を積極的に食べるように心がけましょう。

美容と健康に注目する女性に注目のルイボスティーです。南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈一帯で育った生命力旺盛なお茶で、美容や健康に効果のあるビタミン・ミネラルなどの成分がふんだんにバランス良く含まれています。ダイエットや健康効果があり、食事のバランスが悪かったり、外食ばかりで栄養のバランスが悪い、している場合におすすめします。ニンニクや玉ねぎなどの臭い成分や辛み成分は硫黄化合物の一種です。

 

 

他の野菜にも含まれていますが、アンチエイジングや生活習慣病の予防などに効果があるとのことです。ピロリ菌などにも作用して胃の健康に役立ちます。口臭が出る場合があります。無添加の青汁おすすめはこちら